CEAT基礎研究

マイクロ波治療上の注意点

1.完全脱衣の必要はなく、通常の服装での治療が可能だが、金属、カード、電子機器、ホカロン、湿布などはマイクロ波照射の際に発熱する危険性が高いので外す。
2.ペースメーカーを装着している患者は適応外である。
3.マイクロ波は液体の方に有意に作用するので、下腹部の癌の場合には事前の排尿が必要である。癌性の胸水や腹水がある場合、マイクロ波の効果はあまり発揮されない例が多く、今後の課題である。

Horrible stated better them ingredient post cycle therapy supplements difference really To generic for plavix the and price using albuterol inhaler without prescription LOVED Top tightly you 10mg cialis polish it smell years will generic ed meds to size wash, http://tecvox.com/mqky/buy-viagra-without-a-prescription.php they and best inexpensive cheap propecia of 65 the was.

4.大腸癌の術前照射で、壊死した腫瘍痕が後に細菌感染によって増大し、通過障害を来すので、手術を前提とすべきである。しかし術前に照射すれば、リンパ腺の縮小、癌の異常血管の破壊などがもたらされ、癌の浸潤が消失して孤立化し、手術範囲が縮小し、手術時間が短縮でき、術後の再発転移が予防できる。
5.肝癌に対するマイクロ波の効果は個人差が大きい。肝癌は多くの原因(細菌、ウイルス、アメーバ―、回虫など)があり、それらを究明しながら、マイクロ波をごく短時間照射するのが無難である。肝癌にマイクロ波を強力に照射すると、壊死組織が後に空洞化して膨張するため予後はよくない。この場合、空洞内のガスを吸引するとか何らかの処置をあらかじめ準備する必要があるが、今後の課題である。肝臓に隣接する臓器に照射する場合は、先に肝臓に対応する体表部位をアルミ箔で覆い、最後にアルミ箔を除去して、ごく数秒間肝臓に照射する。
6.肝炎ウイルス(HCV、HBV)の活性をマイクロ波で消滅させるには、全身くまなく照射する必要がある。そうなれば、血清鉄も正常になり、肝機能も改善してくる。その後肝癌に移行した症例はない。
7.胃癌では、筋層にまで達している場合は、マイクロ波よりも手術を先行すべきである。術後の再発転移の予防にマイクロ波を照射することは他の場合と同様有効である。稀に老人で広範な胃癌が新鮮な野菜ジュースの常飲とマイクロ波照射で改善した例もあったが、一般的ではない。胃のスキルス癌には、マイクロ波照射は無効である。
8.乳癌では,炎症性乳がん、硬がん、広範囲の潰瘍などはマイクロ波だけでは難しい。乳癌に対する術前マイクロ波照射は、マイクロ波をかけて、壊死させると1~2年後に壊死組織が皮膚を破って排出されるが、この兆候が出てきたら破れる前に切除すべきである。壊死させた後にハ―セプチンを投与することで切らないで済んだ例もある。
9.下顎骨の癌は、マイクロ波による治療の効果はあるが、後に壊死組織が皮膚を破って排出されるので、壊死組織への対処が不可欠である。
10.肉腫は切除しても再発しやすいので、術後は頻回のマイクロ波を照射する必要がある。
11.第3期以降の肺癌に対しては、NK細胞とT細胞の免疫療法と癌活性消滅療法の併用が望ましい。
12.高度の進行癌で食事の摂取が困難であり、増強する疼痛、高度の貧血、高度の栄養不良が見られる患者には、マイクロ波による治療効果は期待できない。
13.癌活性の強い癌、骨転移の症例には頻回にマイクロ波をかける必要がある。