CEAT基礎研究

癌活性消滅療法による癌・悪性腫瘍の治癒率と生存率

 癌活性消滅療法が、従来の癌に対する治療と大きく異なるのは、治療過程においてまったく副作用がなく、治療後に後遺症がない点である。したがって本法の治癒率は癌に罹る以前の健康な状態に戻ったということを意味している。
buy cialis  当院を訪れる患者さんの多くは、三大療法を中心とした現代医学的治療も行っている。本法の医学的優位性が認定されていない現状では、無理のないことと思うが、化学療法などによる副作用と考えざるを得ない要因で亡くなる人も多い。その一方で、現代医学的治療による副作用などに耐えられず、当院を訪れる患者さんも多く、そうした場合には、症状がかなり悪化し、体力を失っている例も多い。
viagra price  また、高齢の患者さんの比率も高く、癌の有無にかかわらず脳や循環器の疾患、老衰などで亡くなる患者さんも少なくない。癌発覚早期から本法での治療を施せば治癒したであろうと思われる例は非常に多い。また、患者さんの多くは、家庭的・経済的・地理的事情などによって、本法での改善傾向があるにもかかわらず、治療の継続を断念する例も多い。
is cialis the same as levitra  本法による治療を開始して10年以上の年月が経過し、臨床例は4000に及ぼうとしているが、部位によっては統計を出すのに十分な症例数がないものが多い。以下では、積極的に治療を続けてくれた患者さんの症例数がある程度蓄積されているもののみを取り上げた。

over the counter viagra

mixing viagra and cialis

 

viagra instructions

 

how long does viagra last