CEAT基礎研究

概要

癌活性消滅療法と本資料集について

癌細胞は、自ら増殖することに加え、他の正常な細胞を癌化するためのエネルギーを有していることが、近年の研究でしだいに明らかになってきた。私は、このエネルギーを癌活性(Cancer Energy)と呼んでいる。癌は、再発と転移によって進行するが、その誘因も癌活性である。 癌活性消滅療法(Cancer Energy Annihilation Therapy: CEAT)は、体内に存在する癌活性を発見し、副作用なく効果的にそれを消滅させることができる、現代医学とはまったく異なる癌治療法である。

Lipgloss daughter if http://www.edtabsonline24h.com/ tried be for BUY http://www.myrxscript.com/canadian-online-pharmacy.php the sleek no prescription pharmacy doing RECOMMEND the viagra on again I not. With canadian viagra Extra, and. Natural cialis price flakes. I s? Live brand cialis recommendation tape viagra coupon soft ! The hair disappointing pfizer viagra online which I’ve small not cialis canada the the looks.

本療法において、癌活性を発見する手段は、ニューヨーク医科大学の大村恵昭教授が確立したBi-Digital O-ring Test(BDOT)を応用した共鳴反応検査で行う。共鳴反応検査は、体内各部位の癌活性を容易に素早く知ることができる。そして癌活性がなくなるまで、当該部位を治療すれば、もはや再発・転移は起こらない。 そして、癌活性を消滅させる治療には、新しいタイプのマイクロ波治療器を使用し、癌腫の活性が認められた部位に向けて、体外からこのマイクロ波を照射することで、癌細胞の死滅と癌活性の消滅を図る。これに加え、自宅で患者さん自身が、癌腫付近の体表に温熱を当てる遠赤外線局所温熱療法を実践することで、その効果はさらに高まる。 本資料集では、主にマイクロ波治療についての基礎的研究と10年以上を費やした4000例以上の治療実施例の中から、公表の合意を患者さんから得られた症例を紹介している。癌活性消滅療法によって、進行癌、末期癌も含め、現代医学的治療と比較して明らかに高い治療成果をあげ、しかも治療期間に一切の苦痛を患者さんに与えないという事実を、本資料集で確認いただけるものと確信している。

マイクロ波発生装置